読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshinobunakamura’s diary

余生(第二のチャレンジ人生)をいかに生きるか考える為にブログを立ち上げてみました。

アンコールワット家族旅行

初めてカンボジアに行く知人と一緒に、三泊四日アンコールワットに行って来ました。(私は十数年前に行ったことがありますが、観光客の増加の為でしょうか、遺跡内部の観光は場所規制と通路規制が多くみられました。

f:id:yoshinobunakamura:20150705102339j:plain

妻の妹も付いてきました。総勢5名です。

f:id:yoshinobunakamura:20150704063256j:plain

プノンペンから往復マイクロバス(片道15ドル)所要時間5時間30分、にて行きました。往路で一回の休息所(ドライブイン)での娘(芽依)です。片道はメコン川支流とトンレサップ湖を渡る水上ボートで行きたかったのですが雨期初めにもかかわらず水量が少ないとの事で運行中止で残念でした。

f:id:yoshinobunakamura:20150704063852j:plain

アンコールワットがあるシエムリアップの町に着いて付近の寺院の見学です。

f:id:yoshinobunakamura:20150704064056j:plain

ツゥクツゥク(バイクで荷台を引かせる簡易タクシー)を二日間チャーター(一日20ドル)し、遺跡を巡りました。

f:id:yoshinobunakamura:20150707084015j:plain

アンコール遺跡群の入場には入場券が必要です。
チケットはシェムリアップの街からアンコールワットに向かう道路沿いにチケットブースがあり、ここで購入します。一日券は20ドル、三日券は40ドル一週間券は60ドルです。写真(無料)を撮られてチケットに印刷されています。なぜか私の三日券の有効期間は一週間になっていますね??。購入者は外国人のみです。カンボジア人は無料です。私の娘はカンボジア籍もありますので無料でした。

f:id:yoshinobunakamura:20150704064413j:plain

皆さんご存知のアンコールワット

f:id:yoshinobunakamura:20150704064525j:plain

十数年前に来た時には自由に東西南北どこからでも登れたのですが、東側の階段のみに制限されていました。

f:id:yoshinobunakamura:20150704064907j:plain

回廊のレリーフです。人が触れる事が出来る部位のみテカテカに光っています。

f:id:yoshinobunakamura:20150704065217j:plain

アンコールトムのバイヨン四面像。

f:id:yoshinobunakamura:20150704065337j:plain

f:id:yoshinobunakamura:20150704065449j:plain

樹木の根で破壊と浸食が進んでいるタ・プロム寺院遺跡。

石の上に鳥が運んで来た種が(主にスポアン、ガジュマロの樹)が巨木に成長するそうです。

f:id:yoshinobunakamura:20150704065630j:plain

現地調達の傘を差し、ご機嫌の芽依。

f:id:yoshinobunakamura:20150704074843j:plain

二日目は北30Kmほど離れているが行く価値十分なバンテアイ・スレイ遺跡。以前はデバター(女神)像を身近に見れたのですが近づけません。

f:id:yoshinobunakamura:20150704075520j:plain

f:id:yoshinobunakamura:20150704075559j:plain

f:id:yoshinobunakamura:20150704075702j:plain

f:id:yoshinobunakamura:20150704081903j:plain

f:id:yoshinobunakamura:20150704081943j:plain

シエムリアップの町でアプサラダンスショーを見ながらの夕食をとりました。食事はビュッフェ形式で、好きなものを食べることが出来、子供達に好評で、二回も行きました。もう一回は日本食レストランに行き美味しかったのですが高くつきました(笑)。

f:id:yoshinobunakamura:20150704082009j:plain

宿泊したホテル前で。

おまけ動画。You Tubeに投稿しました。

www.youtube.com

tube.com

www.youtube.com



www.youtube.com