読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshinobunakamura’s diary

余生(第二のチャレンジ人生)をいかに生きるか考える為にブログを立ち上げてみました。

カンボジアでの公共料金の支払いについて。

プノンペン滞在記

カンボジアでの電気代、水道料金とかの公共料金の支払いの方法です。

まずは、電気代です。それぞれの住まいの地区にある料金支払所(私の所からバイクで3分くらい)に持参します。時間帯によりむちゃくちゃ混みます。内部では撮影禁止です。

f:id:yoshinobunakamura:20170220175653j:plain

請求書は毎月、各家に持参されます。1月6日から2月6日までの料金ですね。18日に受け取りました。支払期限が2月27日になっています。これにはゴミ収集代一ヶ月分、毎月4,000リエル(1米ドル)も含まれています。合計193,500リエル(約48米ドル)です。当地の物価水準から考えますと電気代は高いです。その理由は国内での発電能力が低い為、相当数の電気をタイ、ベトナムラオスから買っているからです。

f:id:yoshinobunakamura:20170220180004j:plain

次に水道代です。25,750リエル(6,4米ドル)ですから安いですね。

請求書は二ヶ月に一回、各家庭に持参されます。昨年11月14日から今年1月13日付です。支払期限は2月10日。これの支払は街中にたくさんある簡易送金システム会社(送り先の携帯電話の番号に送り元の携帯電話番号で送金する方法)で、私は家から徒歩で1、2分のところにある「Wing」という会社を通して支払を済ませています。

f:id:yoshinobunakamura:20170220182408j:plain

支払い証明書です。手数料は1,000リエル(25米セント)です。安くて簡単に送金できます。

f:id:yoshinobunakamura:20170220183842j:plain

カンボジアの一般庶民は銀行口座とか持ちません。まだ一部の銀行でしか口座振替とか利用できません。プノンペンに出稼ぎに来ている人は田舎の親元に、このシステム(簡易送金システム)を利用してお金を送ったりしているそうです。

私の場合、店舗付き住宅の毎月の家賃は、大家さんが離れたところに住んでいますので、家賃の支払いにも利用しています。

「Wing」等で送金すると暗証番号が付与されます。その番号をお金を送った相手にSNSを利用し、知らせるわけです。その暗証番号と携帯電話を受け取りたい場所の「Wing」の店で提示すればお金を受け取れるのです。

 

ブログランキングに参加中です。
下記をクリックしていただきますと更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村